ベタフェロンの注射のしかた - MSゲートウェイ

MSゲートウェイ

ベタフェロンの注射のしかた

ベタフェロン自己注射法ビデオをご覧になりたい方はこちらから 。


【使用するもの】
「ベタフェロンの調製のしかた」で準備したベタフェロン溶液が入っている注射器
「ベタフェロンの調製のしかた」で準備したベタフェロン溶液が入っている注射器
消毒用アルコール綿(2枚)
消毒用アルコール綿(2枚)
  廃棄袋、廃棄箱
廃棄袋、廃棄箱


ベタフェロンを注射する

(1)

消毒用アルコール綿で注射部位の皮膚を消毒します。
注射部位の中心から外側に円を描くように拭きます。消毒した注射部位を十分に乾燥させます。
消毒用アルコール綿で注射部位の皮膚を消毒します。注射部位の中心から外側に円を描くように拭きます。消毒した注射部位を十分に乾燥させます。  


(2)

注射針のキャップをはずします。はずしたキャップは廃棄袋に入れてください。
注射針のキャップをはずします。はずしたキャップは廃棄袋に入れてください。 注射針のキャップはまっすぐ引き抜き、針に触れないようにしてください。
針に手などが触れた場合キャップをせずに注射器ごと廃棄箱に入れて、新しい注射器を準備してください。注射針内の空気は問題ありませんので、ここでの空気抜きは不要です。


(3)

注射部位の皮膚をやさしく持ち上げます。
注射部位の皮膚をやさしく持ち上げます。 皮膚をつまみ上げるのではなく、全体をやさしく持ち上げてください。


(4)

注射器を持った手を注射部位近くの皮膚の上に持ってきます。
そして、 皮膚に対して垂直に素早くしっかりと根元まで針を刺します。
注射器を持った手を注射部位近くの皮膚の上に持ってきます。そして、皮膚に対して垂直に素早くしっかりと根元まで針を刺します。  


(5)

ゆっくりと確実に注射器のピストンを押して皮下に薬剤を注入します。
ゆっくりと確実に注射器のピストンを押して皮下に薬剤を注入します。  
ポイント


(6)

皮膚から注射針を抜き、新しい消毒用アルコール綿で注射部位を軽くマッサージします。
皮膚から注射針を抜き、新しい消毒用アルコール綿で注射部位を軽くマッサージします。 決して強く揉まないでください。

これで自己注射は終了です。
あなたが気づいたどのようなことでも、主治医に相談してください。


廃棄箱の使い方

(1)

廃棄箱の上面の「押す」の部分を指で押します。
廃棄箱のふたが開きますので、しっかりと押し上げます。
廃棄箱の上面の「押す」の部分を指で押します。廃棄箱のふたが開きますので、しっかりと押し上げます。  


(2)

廃棄箱の挿入口に注射針をつけたままの状態で、 キャップはせずに注射器を横にして置きます。
廃棄箱の挿入口に注射針をつけたままの状態で、キャップはせずに注射器を横にして置きます。 できるだけ中央に置くようにしてください。


(3)

廃棄箱のふたをしっかりと閉めます。 ふたを閉めると注射器は箱の中に落ちます。
廃棄箱のふたをしっかりと閉めます。 ふたを閉めると注射器は箱の中に落ちます。 カタンと音がなり、 注射器が箱の中に落ちたことを確認してください。
決して注射針が付いた注射器を廃棄袋に入れないでください。
廃棄方法は病院によって異なる場合がありますので、 病院の指示にしたがってください。


ダイアリーへの記録

注射のたびにベタフェロンダイアリーに注射した部位を記録してください。また、体調の変化や他に薬を飲んだかなどをメモ欄に記録することで、再発の早期発見などに役立てることができます。
注射のたびにベタフェロンダイアリーに注射した部位を記録してください。また、体調の変化や他に薬を飲んだかなどをメモ欄に記録することで、再発の早期発見などに役立てることができます。

廃棄箱は、子どもおよび動物(ペット)の手の届かないところに保管してください。
いっぱいになった廃棄箱は、 次の来院時にお持ちください。


お薬(MS治療薬)についてのトップへ