ベタフェロンの臨床試験 - MSゲートウェイ

MSゲートウェイ

ベタフェロンの臨床試験

インターフェロンベータ製剤によるMS治療は自己注射を必要とするため、治療そのものが患者様の負担となります。しかし患者様ご自身が「治療目的」、「期待される効果」を正しく理解されていることで、在宅治療を継続する力となります。

このページではベタフェロンの国内外の臨床試験の結果について、ご紹介いたします。


日本人のMS患者様を対象とした臨床試験

日本人の再発・寛解型MS患者様を対象に行われた長期臨床試験の結果、ベタフェロンの投与により以下のことが確認されました。

 

 


再発・寛解型MS患者様を対象とした臨床試験

再発・寛解型MS患者様を対象に北米で行われた長期臨床試験の結果、ベタフェロンの投与により以下のことが確認されました。

ベタフェロンは再発までの期間を延長します※2)。
ベタフェロンはたとえ再発があっても、その重症度を低下させます※2)。


再発・寛解型MS患者様を対象とした米国臨床試験

ベタフェロンは新しい病巣ができるのを抑えます※3)。


二次進行型MSの患者様を対象とした臨床試験

二次進行型MS患者様を対象にヨーロッパで行われた長期臨床試験の結果、ベタフェロンの投与により以下のことが確認されています。

 


ベタフェロンによる早期治療について

ヨーロッパで行われた臨床試験により、できるだけ早期からベタフェロン治療を開始することにより、後遺症が軽減されることが示唆されています※5)。


北米で実施された16年にわたる長期追跡調査

1988年~1993年に北米で実施された臨床試験に参加された患者様を対象とした16年間の追跡調査が行われています。その結果が報告されていますが、ベタフェロンが長期にわたり有効であり、かつ安全性も高いことを示しています。

 


インターフェロンベータ治療中の患者様へ

上記の臨床試験結果から、ベタフェロンはMSの早期の段階から効果があり、また再発・寛解型MS、二次進行型MSの患者様の再発回数を減らし、症状の進行を遅らせる効果があることがわかっています。



しかしながらインターフェロンベータ療法中であっても、MSの再発を完全になくすことはできません。再発や症状の進行が止まる人もいますが、病気が完治しているわけではないので、患者様ご自身のお考えで使用を中止しないでください。

また治療中に再発があった場合でも、同様に患者さまご自身の判断で治療を中止しないでください。何かからだの調子がいつもと違うなどの異常があらわれた場合や、疑問をお感じの際は、医師、薬剤師等にご相談ください。


参考文献:
※1)T.Saida, Japan:NEUROLOGY64:621-630(2005)
※2)The INFB Multiple Sclerosis Study Group: Neurology43:655-661(1993)
※3)Stone, L.A., et al.:Neurology49:862-869(1997)
※4)European Study Group on Interferonβ-1b in Secondary Progressive MS: The Lancet352:1491-1497(1998)
※5)Ludwig Kappos: The Lancet370:389-397(2007)