臨床検査値の異常 - MSゲートウェイ

MSゲートウェイ

臨床検査値の異常

監修: 東北大学医学系研究科 多発性硬化症治療学講座
     教授 藤原 一男


ベタフェロンによる臨床検査値異常は、血球数の減少や肝機能異常などです。臨床検査値を確認するために、定期的に血液検査を受ける必要があります。異常値が持続するようであれば、併用薬を変更したり、ベタフェロンの減量や休薬が必要となる場合があります。


対処法

①臨床検査値で異常が認められた場合、医師の指示どおり定期的に血液検査を受けるようにします。

②白血球数などが減少している場合には、風邪など感染症に罹らないように注意をします。