よくある質問と答え - MSゲートウェイ

MSゲートウェイ

よくある質問と答え

ベタフェロンの注射について

注射する時間はいつがよいでしょうか?
注射は1日のうち、いつ行ってもかまいません。就寝前にベタフェロンの注射をすると、寝ている間に発熱などの症状をコントロールすることができます。解熱鎮痛剤は目安として発熱のピークを迎える1時間前に服用するようにします。注射を忘れないために毎回注射する時間帯を決めておくとよいでしょう。
必ず同じ時間に注射しなければなりませんか?
お仕事などで同じ時間帯に注射が難しい方でもご心配はいりません。時間がずれたりしても1日おきに注射していれば問題はありません。
注射したあとが赤くなったり、硬くなったりした場合には、どうすればよいでしょうか?
これらの症状が出現した場合には、主治医に相談するようにします。塗り薬などで治療する場合もあります。原因としては、同じ部位への注射の繰り返し、冷たいインターフェロン溶液の使用、注射の際に手が震えている、誤った注射手技などが挙げられます。正しい注射法により症状を予防できる場合がありますので、定期的に注射法マニュアルやDVD、チェックリストなどで注射手技を確認しましょう。
注射部位から出血した場合はどうすればよいでしょうか?
注射した後に注射部位から出血しても心配はありません。止血するまで2~3分間押さえて圧迫してください。ベタフェロンが直接血管の中に入っても安全性には問題ありません。ただし、出血が続いたり、痛みが続くような場合には医療機関にご相談下さい。
風邪をひいているときに注射をしてもよいのでしょうか?
軽い風邪や微熱程度なら、ベタフェロンの注射を行って問題ありません。ベタフェロンの注射前に解熱鎮痛剤を服用している場合には、事前に主治医(もしくは風邪のために受診した医師)に伝えるようにします。しかし症状が重いときや熱が高いとき、他の病気にかかったときには、主治医に連絡して指示を受けるようにします。


ベタフェロンの調製について

使用済みの注射針を誤って他の人が刺してしまいました。
すぐに注射針を刺した部位を流水で洗い流し、主治医に連絡して指示を受けるようにします。
ベタフェロンの調製中にバイアルコネクターの接続部分から薬液が漏れてきました。
その注射器は使用せずに、新しいベタフェロンパッケージを使って最初からやり直してください。薬液が漏れた注射器は、バイアルコネクターを取り外してから廃棄箱に捨ててください。
その際薬液が手などについた場合には、流水で洗い流してください。注射器先端のプラスチック部分が緩んだり、バイアルコネクターの接続が緩かったりすると薬液が漏れる場合がありますので、もう一度マニュアルを確認しながら調製してください。
注射針のキャップをはずす際に、注射針が曲がってしまいました。
その注射器は使用せずに、新しいベタフェロンパッケージを使って最初からやり直してください。針が曲がった注射器は、廃棄箱に捨ててください。注射針のキャップをはずす際には、キャップをまっすぐに引き抜くように注意してください。


ベタウェイについて

ベタウェイを使用するとどのような利点がありますか?
海外の試験でベタウェイのような自己注射補助器具を使用すると注射部位の皮膚が赤くなるなどの症状が出にくくなることが報告されています。また、注射が終了するまで直接注射針を見なくてすむので、患者さんの精神的負担が軽減されます。
ベタウェイを使用したいのですが、どこで購入できますか?
ベタウェイは医療機関から処方される医療機器にあたりますので、一般の薬局などで購入することはできません。ベタウェイの使用を希望される場合にはベタフェロンを処方されている医療機関に問い合せてください。
ベタウェイの注射ボタンを押す前に、先端から注射針が見えています。
ベタウェイの準備が上手くできていない場合があります。注射器を取り出し、もう一度ベタウェイの準備をやり直してください。ベタウェイの準備をやり直しても改善されない場合には、医療機関に連絡して指示を受けるようにしてください。