ベタウェイを使った注射のしかた - MSゲートウェイ

MSゲートウェイ

ベタウェイを使った注射のしかた

ベタウェイとは

ベタフェロン皮下注用960万国際単位自己注射用補助器具 「ベタウェイ」 は、
ベタフェロンを投与するための自動注入器です。
簡単な操作によりワンタッチで針刺しと薬液注入を行うことができます。
● ベタウェイは、 簡単な操作で注射の準備ができます。
● ベタウェイは、 注射ボタンのワンタッチ操作で薬液を注入できます。
● ベタウェイは、 「注入確認まど」 で注射の完了を簡単に確認することができます。
● ベタウェイに注射器を入れることによって針先が見えないため、 精神的な負担が軽減されます。
● ベタウェイは、 今まで注射しにくかった部位にも安全に注射することができます。
● ベタウェイには、 誤って注射しないように安全装置が内蔵されています。
● ベタウェイは、 コンパクトで軽く外出時・ 旅行時などでも携帯に便利です。


取り扱い上の注意

● ベタウェイは、 ベタフェロン皮下注用960万国際単位専用の医療機器です。
● ベタウェイは、 必ずベタフェロン皮下注用960万国際単位専用の注射器および注射針 (30G、 1/2インチ: 12.7mm) を使用してください。
● ベタウェイは、 他の人と共用しないでください。
● ベタウェイは、 注射器内に薬液が入っていることを確かめて使用してください。
● 注射器をセットした状態で、 ベタウェイを注射部位以外や他人に向けないでください。
● ベタウェイは、 子どもや動物 (ペット) の手の届かないところに保管してください。
● 破損したベタウェイを使用しないでください。
● ベタウェイを分解あるいは改造しないでください。
● 本マニュアルに記載している以外の方法で使用しないでください。


ベタウェイの各部名称

ベタウェイ


携帯ポーチ

携帯ポーチ

   
ベタウェイの各部名称を確認されたのち、 以下のベタウェイを使った注射の手順をご確認ください。
ベタウェイに不具合があった場合は、主治医に確認してください。


ベタウェイの準備

(1)

専用ポーチから、 注射器ホルダーとベタウェイ本体を取り出します。
専用ポーチから、 注射器ホルダーとベタウェイ本体を取り出します。  


(2)

注射器ホルダー内の白い部分を押してバネが動くことを確認します。
注射器ホルダー内の白い部分を押してバネが動くことを確認します。 このバネが動かない場合にはベタウェイを使用しないでください。


(3)

平らな面の上で、 ベタウェイ本体の接続部を上に向けて置きます。 注射器ホルダーの先端をベタウェイ本体の黄色い部分に垂直に当て、ベタウェイ本体の中へロックがかかるまで押し込みます。 その後、 ベタウェイ本体を抜き取ります。
平らな面の上で、 ベタウェイ本体の接続部を上に向けて置きます。 注射器ホルダーの先端をベタウェイ本体の黄色い部分に垂直に当て、ベタウェイ本体の中へロックがかかるまで押し込みます。 その後、 ベタウェイ本体を抜き取ります。 注射ボタンを押したまま注射器ホルダーを押し込むと、 ロックすることができません。注射ボタンに触らないようにしてください。右の写真のように、 注射器ホルダーの先端を上に向けて置き、 ベタウェイ本体の黄色い部分を垂直に当てて押し込む方法もあります。


注射器をベタウェイにセット

(1)

キャップをつけたまま、 針を先にして注射器を注射器ホルダー内に挿入します。
キャップをつけたまま、 針を先にして注射器を注射器ホルダー内に挿入します。 このとき注射器の両つばが注射器ホルダー内部の白い部分の溝にはまるようにします。


(2)

注射ボタンに触れないように注意しながら、 注射器ホルダーにベタウェイ本体を矢印 () の方向に回して接続します。
注射ボタンに触れないように注意しながら、 注射器ホルダーにベタウェイ本体を矢印 (→) の方向に回して接続します。 誤って注射ボタンを押すと、 薬液が出てしまう可能性があります。


(3)

注射針のキャップをつまみ、 引き抜きます。
引き抜いたキャップは廃棄袋に入 れます。
注射針のキャップをつまみ、 引き抜きます。引き抜いたキャップは廃棄袋に入れます。 薬液が出てしまった場合注射器をベタウェイから取り出し、 廃棄箱に入れ、 最初からやり直してください。


注射

(1)

消毒用アルコール綿で注射部位の皮膚を消毒します。 注射部位の中心から外側に円を描くように拭きます。
消毒した注射部位を十分に乾燥させます。
消毒用アルコール綿で注射部位の皮膚を消毒します。 注射部位の中心から外側に円を描くように拭きます。消毒した注射部位を乾燥させます。  


(2)

注射部位の皮膚をやさしく持ち上げます。
注射部位の皮膚をやさしく持ち上げます。 皮膚をつまみ上げるのではなく、 全体
をやさしく持ち上げてください。


(3)

「注入確認まど」 が見えるようにベタウェイを皮膚に対して垂直に当てます。
「注入確認まど」 が見えるようにベタウェイを皮膚に対して垂直に当てます。 注射部位 お腹にも注射することができます。


(4)

ベタウェイ本体を軽く押すと、 安全装置が解除され、 注射ボタンを押すことができる状態になります。
ベタウェイ本体を軽く押すと、 安全装置が解除され、 注射ボタンを押すことができる状態になります。  


(5)

親指で注射ボタンを押します。 針が皮膚に入り薬液が自動的に注入されます。
親指で注射ボタンを押します。 針が皮膚に入り薬液が自動的に注入されます。  


(6)

「注入確認まど」 を観察しながらベタウェイを皮膚に当てたままの状態にします。 「注入確認まど」 に赤い印が現れたら注射完了です (通常10秒程度かかります) 。  
「注入確認まど」 を観察しながらベタウェイを皮膚に当てたままの状態にします。 「注入確認まど」 に赤い印が現れたら注射完了です (通常10秒程度かかります) 。   注射針を抜く時に注射部位から薬液
がもれるのを防ぐため、 「注入確認まど」 に赤い印が現れたことを確認後、さらに5秒間待ってからベタウェイを皮膚から離します。


(7)

ベタウェイを皮膚から離します。
ベタウェイを皮膚から離します。   針先が出ているので注意してください。


(8)

新しい消毒用アルコール綿で注射部位を軽くマッサージします。
新しい消毒用アルコール綿で注射部位を軽くマッサージします。  


注射器の廃棄

(1)

ベタウェイ本体を矢印 () の方向に回して、 注射器ホルダーからはずします。
ベタウェイ本体を矢印 (→) の方向に回して、 注射器ホルダーからはずします。  


(2)

注射器ホルダーから使用済み注射器を取り出します。
注射器ホルダーから使用済み注射器を取り出します。  


(3)

注射器の中に薬液が残っていないかチェックします。
注射器の中に薬液が残っていないかチェックします。 薬液が残っていた場合 残りの薬液を注射せずにそのまま廃棄箱に入れてください。 注射の手順に関して疑問がある場合、 ベタウェイの不具合が考えられる場合は、 主治医に相談してください。


(4)

使用済み注射針はキャップをせずに、 注射器ごと廃棄箱に入れます。
使用済み注射針はキャップをせずに、 注射器ごと廃棄箱に入れます。 決して注射針を廃棄袋に入れないでください。
廃棄方法は病院によって異なる場合がありますので、 病院の指示にしたがってください。


ベタウェイの保管

(1)

使用後は、 ベタウェイの表面を清潔な湿った布などで軽く拭き取ります。
使用後は、 ベタウェイの表面を清潔な湿った布などで軽く拭き取ります。  


(2)

ベタウェイ本体と注射器ホルダーは分かれた状態で、 携帯ポーチに入れて保管します。
ベタウェイ本体と注射器ホルダーは分かれた状態で、 携帯ポーチに入れて保管します。  
廃棄箱は、 子どもおよび動物(ペット) の手の届かないところに保管してください。
いっぱいになった廃棄箱は、 次の来院時にお持ちください。
あなたが気づいたどのようなことでも、 主治医に相談してください。