ベタフェロンの調製のしかた - MSゲートウェイ

MSゲートウェイ

ベタフェロンの調製のしかた

ベタフェロン自己注射法ビデオをご覧になりたい方はこちらから 。
【確認すること】
個人記録をつけるための 「ベタフェロンダイアリー」 で、
 (1) 今日が注射日であること
 (2) 今日の注射部位
を確認してください。
【使用するもの】
ベタフェロンパッケージ
ベタフェロンパッケージ
・ベタフェロン (白色粉末のかたまり) が入っているバイアル
・溶解液 (0.54%塩化ナトリウム液1.2mL:透明な液) が入っている注射器
・注射針付バイアルコネクター (ミックスジェクト®)
消毒用アルコール綿(3枚)
消毒用アルコール綿(3枚)
消毒用アルコール綿は、病院の指示にしたがってご準備ください。
廃棄袋、廃棄箱
廃棄袋、廃棄箱
ベタフェロン皮下注射準備用マット
ベタフェロン皮下注射準備用マット
バイアルに入っているベタフェロン (白色粉末のかたまり) を溶かす際には、必ず添付の注射器に入っている溶解液を使用してください。


手順:調製の準備

(1)

石けんで両手をよく洗い、 清潔な乾いたタオルやペーパータオルで水気を拭き取ります。
石けんで両手をよく洗い、 清潔な乾いたタオルやペーパータオルで水気を拭き取ります。 手洗いのポイント石けんを使い、 指
の一本一本とツメの先、 手の平と甲、手首まで念入りに洗います。石けんは水道水できれいに洗い流します。


(2)

使用するベタフェロンパッケージは、 清潔で平らな安定したテーブルの上で開封します。
使用するベタフェロンパッケージは、 清潔で平らな安定したテーブルの上で開封します。  


(3)

バイアル内に異物が混入していないか、 注射器内の溶解液が透明であるか確認してください。
バイアル内に異物が混入していないか、 注射器内の溶解液が透明であるか確認してください。 バイアル内に異常がみられた場合そのバイアルは、 使用せずに新しいベタフェロンパッケージを使用してください。 異常のみられたバイアルは、 次
の来院時に必ず持参してください。注射器内に異常がみられた場合その注射器は、 使用せずに新しいベタフェロンパッケージを使用してください。 異常のみられた注射器は、 次の来院時に必ず持参してください。


(4)

バイアルをテーブルの上に置き、 バイアルの上ぶた (キャップ) をはずします。
バイアルをテーブルの上に置き、 バイアルの上ぶた (キャップ) をはずします。 親指の腹でキャップをはずします。


(5)

バイアル上部のゴム部分を消毒用アルコール綿で拭いて清潔にします。
バイアル上部のゴム部分を消毒用アルコール綿で拭いて清潔にします。  


(6)

注射針付バイアルコネクターの包装容器の包装ラベルをはがします。
注射針付バイアルコネクターの包装容器の包装ラベルをはがします。 注射針付バイアルコネクターは、 包装容器から取り出さないでください。


(7)

包装容器ごと注射針付バイアルコネクターを持ち、 青い部分(針部分) をバイアルのゴム部分に突き刺し、 しっかり固定します。
包装容器ごと注射針付バイアルコネクターを持ち、 青い部分(針部分) をバイアルのゴム部分に突き刺し、 しっかり固定します。 バイアルのゴム部分や注射針付バイアルコネクターの青い部分(針部分) 、 注射器接続部分に手などが触れないようにしてください。
バイアルのゴム部分に手などが触れた場合消毒用アルコール綿で拭いてください。注射針付バイアルコネクターの青い部分( 針 部 分) や注射器接続部分に手など
が触れた場合その注射針付バイアルコネクターを廃棄箱に入れ、 新しい注射針付バイアルコネクターを使って最初からやり直してください。


(8)

プラスチック製の包装容器を取りはずします。
プラスチック製の包装容器を取りはずします。  


(9)

注射器の先端を上にしたまま、 オレンジ色のキャップを矢印 () の方向に回して取りはずします。
注射器の先端を上にしたまま、 オレンジ色のキャップを矢印 (→) の方向に回して取りはずします。 注射器の先端に触れないようにしてく ださい。
注射器の先端に手などが触れた場合その注射器はゴムキャップをして廃棄箱に入れ、 新しい注射器を使って最初からやり直してください。


(10)

注射針付バイアルコネクターの青い部分を持ち、 バイアルを下向きにした状態で、 注射器を矢印 ()の方向に回して注射器接続部分へねじ込みます。
注射針付バイアルコネクターの青い部分を持ち、 バイアルを下向きにした状態で、 注射器を矢印 (→)の方向に回して注射器接続部分へねじ込みます。 注射器と注射針付バイアルコネクターを接続する際に、 注射器の先端などに触れたり、 注射器のピストンを押さないようにしてください。
注射器と注射針付バイアルコネクターを接続する際に、 注射器の先端などに触れたり、 注射器のピストンを押さないようにしてください。


手順:調製

(1)

注射器のピストンをゆっくりと押して、 溶解液をすべてバイアル内に注入します。
注射器のピストンをゆっくりと押して、 溶解液をすべてバイアル内に注入します。 溶解液を勢いよく注入しないようにしてください。
溶解液を勢いよく注入すると泡が生じる場合があります。 泡が生じると必要な量の液が取れなかったり、 注射器の中に気泡が入りやすくなります。


(2)

注射針付バイアルコネクターの青い部分を持ち、 大きな円を描くようにバイアルを静かに回し完全に溶解します。
注射針付バイアルコネクターの青い部分を持ち、 大きな円を描くようにバイアルを静かに回し完全に溶解します。 決してバイアルを振らないでください。


(3)

溶解した液が透明で異物がないことを確認してください。
溶解した液が透明で異物がないことを確認してください。 ベタフェロン溶液に異物が混入していたり、 変色している場合そのバイアルは使用せずに調製を最初からやり直してください。 異常のみられた薬剤はバイアルごと次の来院時に必ず持参してください。


(4)

注射器内に空気が戻ってきた場合には、 再度注射器のピストンをゆっくりと完全に押して、 注射器内の空気をバイアルに戻します。
注射器内に空気が戻ってきた場合には、 再度注射器のピストンをゆっくりと完全に押して、 注射器内の空気をバイアルに戻します。  


(5)

ピストンを押したままの状態で、 注射器を回転させてバイアルを上下逆さまにします。 注射針付バイアルコネクターの青い部分を持ったまま1.0mLの目盛りより少し多めに、 ゆっくりと注射器のピストンを引きます。
ピストンを押したままの状態で、 注射器を回転させてバイアルを上下逆さまにします。 注射針付バイアルコネクターの青い部分を持ったまま1.0mLの目盛りより少し多めに、 ゆっくりと注射器のピストンを引きます。  


(6)

注射器内に大きな気泡が入っていないか確認します。
注射器内に大きな気泡が入っていないか確認します。 大きな気泡が入ってしまった場合 注射器を立てて注射筒をやさしく指ではじいて気泡を注射器の上まで移動させてください。


(7)

注射器を立てて注射器のピストンをゆっくりと1.0mLの目盛りまで押し出します。 このとき空気もいっしょに押し出すようにします (多少の気泡が残っていてもかまいません) 。
注射器を立てて注射器のピストンをゆっくりと1.0mLの目盛りまで押し出します。 このとき空気もいっしょに押し出すようにします (多少の気泡が残っていてもかまいません) 。 注射器の中に1.0mLの溶液が入っていることを確認してください。
1.0mLに足りなかった場合
もう一度ピストンを引いて1.0mLの目盛りに合わせてください


(8)

注射器を横にし、 注射針付バイアルコネクターの青い部分を持ち、矢印 () の方向に回し、 注射器からバイアルを取りはずします。
注射器を横にし、 注射針付バイアルコネクターの青い部分を持ち、矢印 (→) の方向に回し、 注射器からバイアルを取りはずします。  


(9)

バイアルは青いコネクターと接続したままの状態で廃棄袋に入れてください。
バイアルは青いコネクターと接続したままの状態で廃棄袋に入れてください。 廃棄方法は病院によって異なる場合がありますので、 病院の指示にしたがってください。


これでベタフェロン溶液の調製は終了です。
これでベタフェロン溶液の調製は終了です。


注射の準備ができたら

注射の準備ができたら速やかに注射しましょう。

あなたが気づいたどのようなことでも、主治医に相談してください。